東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 12月の美術館たより(1) | ぬりえ美術館のブログ | 12月の美術館ニュース(1) 次

12月の美術館たより(2)

2.次点作品
東京都 下山 れいあ様 5才
☆かわいいぬりえでうれしかったです。
○しらゆき姫を可愛くするために、きれいな色をいろいろ使ったり、ハートや星、お花などの柄を描いたり、様々な工夫があっていい作品になりました。


東京都 鶴川 友里様 30代
☆何気なく始めたら、子供を想いながら熱中してしまい完成しました。
○配色が全体的に調和して、とても素敵でした。


愛知県 岡田 智美様 30代
☆偶然この「ぬりえコンテスト」を見つけて、今までぬりえは一人で楽しむもの。と想っていたので、とても楽しくぬりえをすることができました。
○静かに丁寧にぬりえして、どこまでも優しいしらゆき姫が完成しています。


東京都 中沢 美智子様 50代
☆素朴な遊びが一番です。遊びながら心も体も癒されます。子供がいたら一緒にやりたい!!
○塗ったり、貼ったりと楽しんでくださったことが分かります。想像を大きく広げることができて素晴らしいと想います。

東京都 三木 春人(はると)様 80代
☆1階のデイ・ケアでは各人、ぬりえに取り組み、その魅力を感じております。ぬりえ美術館があることはこの特集で知りました。一度訪れたいと想います。
○力強く色を塗ってぬりえをされていて、良いと思いました。これからもぬりえを楽しんでください。


3.特別賞
東京都 井上 モト様 104歳
☆前回応募してから、この募集が楽しみで、色ぬりの練習を沢山していました。(代筆)
○昨年に続き、今年も応募してくださいまして、ありがとうございました。丁寧に塗られています。どうぞお体に気をつけて来年も作品を送って、最高齢の更新をしてください。お待ちしています。


今年のテーマの「しらゆきひめ」は、きいちの絵が完璧すぎるためか、綺麗に色を塗った作品が多く集まりました。ぬりえ美術館としては、ぬりえから飛び出すほどの遊びのある自由な発想のぬりえの誕生を望んでいます。
優秀作品や次点作品はそのような観点から選ばれた作品です。展示を見ていただければわかりますが、これが元の絵は同じといいたくなるような作品群になっています。
来年もまたコンテストを同じ頃に予定しておりますので、どうぞ奮ってご参加ください。


今年もご来館ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。(館

Posted: Nurie : 17年12月02日 | 美術館だより|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ