東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

トピックス

8月からの秋の企画展のご案内 (14/07/21)

8月2日(土)より、10月26日(日)mで、秋の企画展「きいち生誕100年 これからも いつまでも」第二弾を開催いたします。
きいちの描いた美人画や絹本に描かれた童女たちなど、珍しい作品をご紹介いたします。ご来館をお待ちしています。

6月~7月のご案内 (14/06/15)

6月~7月は常設展示をしております。
「夏模様」、「きいちが描いた動物たち」、「お手伝い」、そして「昭和10年代のフジヲ時代のぬりえ」などを
展示しています。ご来館をおまちしています。

GW中の営業について (14/04/29)

4/29、5/3~5/6の祝日にも開館しています。どうぞ足をお運びくださいませ。

第五回東京新聞 ぬりえコンテスト募集 今年は蔦谷喜一 生誕100年

新着情報

第5回 ぬりえコンテスト募集のお知らせ

第5回 東京新聞 ぬりえコンテストを開催します。
ご応募いただいた作品の中から、ぬりえ美術館館長の厳正な選考の上、優秀作品13点をぬりえ美術館に展示し、オリジナルグッズもプレゼントします。
以下の応募用紙をダウンロードして、ご応募ください。
じんぶつの絵だけでなく背景も自由にアレンジして頂いて結構です。あなたのイメージで自由に描いてください。


●応募用紙をダウンロード(PDFファイル)

 

つづきを読む
Posted: Admin : 14年09月18日 | お知らせ

ドイツより印象派のぬりえが寄贈されました。

   

ドイツのチズマジア様より、「印象派」のぬりえ本が寄贈されました。お住まいのカールスルーエの州立美術館で見つけられたそうですが、バーデン・バーデンのフリーダー・ブルダ美術館にも同じようなぬりえ本が販売されているそうです。
見本の絵と全くおなじ絵が描かれているだけではないところが、面白いとお思いました。印象派の絵を見ながら、自分の想像でそこに描いていもよいとなっているのですね。

チズマジア様、ありがとうございました。

Posted: Nurie : 14年09月11日 | 寄贈・寄託

9月の美術館ニュース(2)

『海外ぬりえ』 研究室 No.35   今月は、ブラジル編です。

今月はブラジルのぬりえをご紹介いたします。
今年のワールドカップはブラジルで開催され、ブラジルは4位と残念な結果でしたが、大変な盛り上がりを見せましたね。
ぬりえでは、前回、2013年5月に「ピノキオ」、「サーカス」、「天使」、「絵の具のキャラクターぬりえ」を紹介しています。


   
①今回は「愉快な遊び」とでも訳すのでしょうか熊とサイの絵のぬりえ本です。2才から4才向けと書かれています。海外のぬりえには、年令別に描かれているものが多くあります。この本の中には、純粋にぬりえ、迷路、番号順にぬっていくものと間違い探しの4種
類から構成されています。小さいうちから、迷路や番号順などを遊びながらぬっているといつしかできるようになっていくものですから、なかなか教育的な本だと思いました。



②あかずきんや白雪姫、眠りの森の美女などの絵を集めた80ページからなるぬりえ本です。ほとんどのぬりえに色見本がついています。絵本のように、それぞれの絵の部分には解説がついています。
塗りながら、ストーリを覚えられます。女の子は、お姫さまが好きですから、このようなぬりえ本は塗り甲斐があり、人気が高いものと思います。

つづきを読む

9月の美術館ニュース(1)

今年7月はサッカーのワールドカップが開催され、世界のスーパープレイに興奮をしましたが、9月は韓国の仁川にてアジア競技大会が開催されます。五輪種目28競技のほか、非五輪8種目で行われます。秋もきっと日本選手の活躍に燃えることでしょう。
 

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものや  テーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。



「うえきにみずをやるのよ」
昭和30年代、
飯塚赫子氏寄贈

9月のエントランスは、家のお手伝いをする子どもたちをテーマのぬりえを展示しています。


植木の水やりをする少女。今でしたらホースで水をかけるところでしょうが、バケツにお水をいれ、バケツの中から出ているのは柄杓(ヒシャク)です。右手に持っているジョウロにいれるときに、柄杓を使って入れるのに使います。
水でズボンの裾が濡れたり、汚れたりしないように、裾を捲り上げて、頭にはネッカチーフを結び、しっかりお手伝い用の支度をしています。

 

つづきを読む

昭和40年の年賀葉書きを寄贈していただきました。

久野重幸様より、年賀葉書きを寄贈していただきました。
子ども向けのお正月用の葉書きです。藁靴を履いていますが、椿の柄の赤い着物を着て、お正月らしく装っていることがわかりますね。

ありがとうございました。

Posted: Nurie : 14年08月24日 | 寄贈・寄託
ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 大人のぬりえサロン 海外のぬりえ研究室
Page Topへ