東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

トピックス

テレビ放映のご案内 (15/06/22)

6月23日(火)9:55からのテレビ朝日「若大将のゆうゆう散歩」でぬりえ美術館が紹介されます。
是非、ご覧ください。

GWの開館のご案内 (15/04/29)

GWの4/29、5/2~5/6の土日、祝日、振り替え日は開館しております。ご来館をお待ちしています。

3月からの開館時間のお知らせ (15/03/01)

3月より開館時間が、12時~18時(最終入館17時半)となります。宜しくお願いいたします。

今年は蔦谷喜一 没後10年

新着情報

6月の大人のぬりえサロン

今月は「たなばたのくすだま」をデコレーションいたしました。久しぶりの着物の絵です。
背景を夜空にして、天の川が流れるようなイメージをyun先生が指導してくれました。
夜空にさく着物姿の少女は、どのように変化をしているでしょうか。それでは、作品をごランください。

yun先生の作品

天の川が綺麗に流れています。着物は雲型でないところをカットして生地をはっています。仙台のような七夕飾りがステキです。

monezumiさんの作品

黄色の地に二種類の花柄の生地を貼っています。天の川の下には星もひかっています。


ひさよさんの作品

ピンクの地にひさよさんも二種類の生地をはっています。子どもらしい浴衣の感じがでています。

つづきを読む

6月の美術館ニュース(2)

『海外ぬりえ』 研究室 No.44  今月は、スペイン編です。
今月は、スペインのぬりえ本を紹介いたします。

      
1冊目は、久しぶりにマンダラです。テーマはお姫様です。

中の絵は、①いろいろなお姫様、②お姫様の使用する物、鏡や櫛の絵、③お姫様の好きなケーキや紅茶のセット等々、④王子様、⑤蛙の王子様等々、様々なお姫様関連の絵で構成されています。
絵のテーストは少しマンガチックかも知れませんが、気取らない、キュートなお姫様たちがいっぱいです。


塗ってみたいと思うのは、可愛い!とか”素敵”とか”着てみたい”、”食べてみたい”等の自分がしてみたいという動機が一番です。その気持をそそる絵の集まりでとても素敵なマンダラです。


マンダラをみていていつも思うのは、「海外にはどうしてこのように可愛いマンダラの本があるのかしら?」ということです。女の子が好きなテーマの絵であれば、日本でもマンダラを子どもたちが塗ってくれると思うのですが。

つづきを読む

6月の美術館ニュース(1)

梅雨の季節を迎える頃となりました。今年は桜の時期が寒かったのですが、6月は梅雨らしい梅雨とでもいいましょうか、穏やかな降雨であって欲しいと思います。

 

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものや  テーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 

  
タイトル:トモ子ちゃんのバレリーナ
作  者:きいち
年  代:昭和30年代
寄  贈:飯塚 赫子氏

6月のエントランスは、バレリーナ/チュチュに憧れてをテーマにバレリーナのぬりえを展示しています。


赤いチュチュに赤いトーシューズ、可愛いトモ子ちゃんがバレリーナ姿でぬりえになれば、沢山このぬりえが売れたことだろうと想像できます。
松島トモ子は、月刊誌「少女」の表紙モデルを一人で10年間していたそうです。その雑誌の中で、バレー姿を数々見せていただろうと思います。映画に出演するとともに童謡も歌っていたので、子どもたちにとって、今で言う「アイドル」として絶大な人気を誇っていました。
そのアイドルが日本の舞踊ではない外国から来た踊りのバレーをするというだけで、何かお洒落な雰囲気が漂い、当時の少女たちを夢の世界に誘ってくれたのはないでしょうか。

つづきを読む

6月のぬりえ美術館便り

今年も早いもので梅雨の時期を迎える頃となりました。穏やかな梅雨であることを願っています。


3月から5月までは、きいちの没後10年の年の春の企画展として「ありがとう 忘れない」第一弾を開催いたしました。ぬりえには原画のあった時代が短いのですが、ぬりえが入っていた袋の表紙絵は、きいちが描いた原画が残っています。その袋絵を中心に、いくつかのテーマでぬりえを展示いたしました。
今回ご来館いただきましたお客様の感想をご紹介したいと思います。(3月28日までの分はすでにHPにご紹介をしていますので、それ以降となります)


3月29日(日)
・ ぬりえ、きせかえ 大好きでした。 来たい、来たいと思っていて、やっと実現。のんびりした空間に癒されました。今の子どもたちもぬりえをしたらいい子に育つのに、ゲームの絵との差がつくづく感じられました。
・なつかしいです。私は男ですが、記憶にありますよ。 松尾 52才


4月4日(土)
・晴れ着を誇らしげに着ているぬりえは幼い頃の記憶にあるものでした。
4月5日(日)
・ぬりえ大好き!!! ケンタロウ&サユキ
・It was very interesting to see the different styles and themes of the ぬりえ。They
were all very cute. I really like the Japanese ぬりえ。It was fun to draw this after 6 years again. I felt like I were 10 years old again. Lea Marie Kurbjun
・ぬりえ 久しぶりにしました。楽しくてついつい集中してしまいました。喜一さんの絵、すてきですね。

つづきを読む

昭和10年代のぬりえが寄贈されました。


ぬりえ美術館開館時にぬりえを寄贈をしてくださった栗原益子様のご主人様より、益子様の遺品のぬりえが多数寄贈されました。
栗原様、誠にありがとうございました。大事に展示させていただきます。

栗原様のご冥福をお祈りいたします。

Posted: Nurie : 15年06月03日 | 寄贈・寄託
ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 大人のぬりえサロン 海外のぬりえ研究室
Page Topへ