東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

トピックス

3月からの開館時間のお知らせ (15/03/01)

3月より開館時間が、12時~18時(最終入館17時半)となります。宜しくお願いいたします。

今年は、きいち没後10年の年です。 (15/02/15)

昨年はきいちの生誕100年でした。そして今年は、没後10年です。きいちのぬりえで遊んだ子どものころの感動を忘れない、そしてありがとうの意味をこめまして、1年間、展覧会を開催してまいります。

3月~5月開催の春の企画展のご案内 (15/02/15)

3月7日(土)より5月31日(日)まで春の企画展といたしまして、「ありがとう わすれない」第一弾を開催いたします。珍しいきいちのぬりえの原画などを展示いたします。

今年は蔦谷喜一 没後10年
第五回 ぬりえコンテスト入選作品発表

新着情報

来館者の声をご紹介いたします

ぬりえ美術館の館内には、「感想ノート」が置かれています。そのノートに書かれた、来館者様のお声をご紹介いたします。


11月2日(日)
・たかしさんとまいこさんの似顔絵とハートマーク


11月3日(祝)
・きてみたかったぬりえ美術館。かわいかったです。ニコニコマーク  ひろの&てるえ

11月8日((土)
・ずっと気になってやっと伺いました。
なつかしい!! まったくなつかしい!! 紙の質感? レトロで涙が出ちゃうかも。
昭和は遠く、なつかしさには哀しみがおまけ付き。
ほのぼとと、でも着物の柄とか見事なのですね。もちろんあの頃はわかってなかった・・・★ ポーズもいいとこでとまった感じ!? 
あの頃って、それぞれ大変だったのかも知れないけど、なんか みんな幸せだったような。ホラ映画の三丁目の夕日そのまま。
近所のおばちゃん、ジイちゃn・・・いい時代だったような ハートマーク 
どうして・・・あのままではなくなったのかなあ。  ゆき


11月15日(土)
・友人と3人で来ました。とてもなつかしい気持になりました。ありがとうございました。


11月23日(日)
・やっと来れました。子供の頃に戻って、ほんのりしています。遊ぶおもちゃもなかった時代に、大好きだったぬりえに再び会えて、とってもうれしいです。
子供の頃の思い出は、少しも色あせていませんネ! ありがとうございました。
高橋順子


つづきを読む
Posted: Nurie : 15年03月29日 | 来館者の声

3月の大人のぬりえサロン

今月は、「ことりさん おはよう」をデコぬりえいたしました。少女と小鳥というシンプルな作品が、清楚で可愛らしい作品になりました。皆様の作品をご紹介いたします。


ユン先生の作品

ブルーとホワイトの少女で、草原にいるかのように爽やかです。髪にのせた帽子とドレスについた鳥の柄のレースがポイントです。背景はリボンのコラージュになっています。


二瓶さんの作品

赤いドレスの少女。少しでも暖かくなってくろと、ギンガムチェックが合いますね。おはやなトーン記号、きのこなどのデコが可愛らしいです。


高橋さんの作品

お花のついたオレンジのドレスにブルーとホワイトのエプロンが豪華なデコになっています。いくつも丁寧に重ねて手が込んでいます。背景も紙のレースをコラージュしています。


西潟さんの作品

赤、白、黒の3色使いですが、初めてデコぬりえに挑戦して、黒を使うのは難しいのですが、黒がこのように使えるのはスゴイことです。黒に対するエプロンの白のレース使いも合っています。


つづきを読む

3月の美術館ニュース(2)

『海外ぬりえ』 研究室 No.41   今月は、南アフリカです。

今月は、南アフリカのぬりえ本を2冊ご紹介いたします。

1.「straat Katte」(猫の表紙の本)
   


猫の冒険を描いたぬりえ本です。表紙が四角ではなく、猫の形にあわせて一部カットしてあるところが、面白いです。
中のぬりえは、箱からとび出してきた猫たちが、いろいろな場所に行って見たりやったりした冒険物語になっています。
ページ一面に絵が描かれていて、ひとつの絵自体が大きくて、栓が太いのが特徴です。小さい子どもにとってとてもぬりえやすいのではないかと思います。
ぬりえのほかには、猫が目標物に行き着くにはどのように迷路を抜けていったらいいのか等、迷路のページもあります。


2.「 Colouring & Activitiy book」
      

シマウマのそりに乗ったミーアキャット(?)のカウボーイが描かれたぬりえ本です。
このぬりえ本の珍しい点は、描かれたぬりえのページに、様ざまなメーカーの名前が書かれており、最終的にこの本の収益はチャリティーとして寄付されるようになっていることです。
   


つづきを読む

3月の美術館ニュース(1)

春の足音が聞かれる頃となりました。春の空気が暖かくなり、空が明るくなってくると
気持ちまで温かく広がっていくような気分になります。
明るい色のスプリングコートでも着て、颯爽と外に出かけましょう。


ぬりえのこころ -今月の一枚- 

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものや  テーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 


     
タイトル:ハーモニカをふきましょう
作  者:きいち
年  代:昭和30年代
寄  贈:福井 紅子氏寄贈


3月のエントランスは、楽器や音のある生活をテーマにしたぬりえを展示しています。


皆さまはハーモニカを吹けますか?


ハーモニカは、1824年頃ウィーンで登場したようです。
最初は輸入品ハーモニカでしたが、日本でも1910年(明治43年)に作られるようになったそうです。大正から昭和初期にかけては流行に敏感な若者の間で人気となり、その頃大学でもハーモニカ・アンサンブルなどが作られ、マンドリンと人気を競ったそうです。
教育現場では、1970年代までハーモニカが使われたようです。


つづきを読む

美術館便り 3月~5月合併号

きいち没後10年「ありがとう わすれない」
27年3月7日(土)~5月31日(日)


ぬりえに夢中であった少女の頃、きいちのぬりえ描かれた世界の美しい色彩、お洒落なドレスや豪華な着物、美味しそうな都会の食べ物など、自分の身の回りにない世界に憧れたことを懐かしく思い出します。


ぬりえ美術館の感想ノートには、「ありがとう」の言葉が沢山綴られています。これからも、いつまでもその気持を忘れずに、きいちのぬりえを伝えてまいたいと思います。


今企画展でご紹介するのは、きいちのぬりえの原画です。
きいちのぬりえは昭和22年の開始当時は、原画を描いてそれを印刷していたようですが、その後の印刷技術により、亜鉛版(ジンク版)に直接描くようになりましたので、ぬりえには原画がなくなりました。
今回展示する原画というものは、ぬりえが入っていた袋や冊子の表紙絵になります。作品は昭和30年のものですが、きいちの特長の一つである原色が鮮やかで、生き生きとした躍動感が伝わる作品ばかりでございます。

つづきを読む
ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 大人のぬりえサロン 海外のぬりえ研究室
Page Topへ