ぬりえ美術館屋

東京都荒川区町屋

ぬりえ美術館

トピックス

都合により7月末まで休館させて頂きます。 (17/04/21)

誠に申し分けありませんが、都合により美術館は7月31日まで休館とさせて頂きます。
きいちのぬりえの実物に出会うのを楽しみに、来館を予定されていた方々には、誠に申し分けありませんが、止む得ない事情により7月末まで休館させて頂きます。
ホームページの記事などは、逐次更新してゆくつもりです。また、お問合せなどはメールにて承っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

3月からの開館時間のご案内 (17/02/18)

3月から開館時間が夏時間となり、12時~18時まで(最終入館は17時半)となります。お待ちがえのないようにご注意願います。尚夏時間は、3月~10月までです。

3月からの企画展のご案内 (17/02/18)

3月~5月まで、春の企画展「きいちの春夏秋冬」を開催予定です。春・夏・秋・冬の可愛い少女たちのぬりえを展示いたします。ご来館をお待ちしています。

新着情報

仲良し編から一枚


「めりーちゃんはおもいのね」は、私の子どもの頃に飼っていた犬の名前が同じなので選びました。子どもは犬でも猫でも、この絵のようにギューッと抱くものですね。そうして犬や猫には嫌がられてしまうのですが、可愛いから、そうしてしまうのです。

Nurie : 17年04月15日 | 私の好きなきいち

お手伝い編より1枚


お手伝い編は、きいちのぬりえ本の中でも特に年配の方々に人気のある本です。
その中から一枚を選ぶとすれば、この「せんたくき」の絵でしょう。洗濯機が現れる前は、盥の中で手で洗濯をしていた訳ですから、画期的な電化製品でした。来館されるお客様がたもこの洗濯機の絵を見ると、洗濯機についてのいろいろな昔話がでてきます。
洗濯機は今も進化していますね。

Nurie : 17年04月08日 | 私の好きなきいち

4月の美術館ニュース(2)

海外ぬりえ研究室No.66  今月はドイツのマンダラ編です。

海外ぬりえ研究室のNo.2で海外で子どもたちがしている「マンダラ」についてご紹介していますが、久しぶりにマンダラ本をご紹介いたします。今月はドイツのマンダラです。


私が海外の幼稚園で子どもたちがどのようにぬりえの調査をしているときに、特にドイツではぬりえはあまりしていないが、「マンダラ」はよくします。と先生たちが言っていました。
ドイツでぬりえをしないことはまた別の機会にお話をいたしますが、1990年代にマンダラが入ってきて、それは日本で言う癒しのようなイメージで幼稚園に広がっていったようです。白い紙に黒の線で描かれているので、「ぬりえ」ではないのですか、とお聞きすると、「マンダラはぬりえではありません。マンダラはマンダラです」という答えが返ってきました。


使用法としては、ドイツの幼稚園では今月のテーマとか今週のテーマというものを子どもたちの幼稚園生活の活動に生かしています。そしてその月のテーマが「月や星」であれば、月や星を描いたマンダラを子どもたちに塗らせています。海賊がテーマになれば、海賊を描いたマンダラが使われます。


マンダラの定義としては、円の中に左右対称に絵が描かれているということが基本です。そこから発展して、円からすこし離れていくマンダラの絵や左右対称ばかりでもないものもでてきます。円の中の絵も様々です。
      

つづき 
Nurie : 17年04月08日 | 美術館ニュース