ぬりえ美術館屋

東京都荒川区町屋

ぬりえ美術館

トピックス

3月からの開館時間のご案内 (17/02/18)

3月から開館時間が夏時間となり、12時~18時まで(最終入館は17時半)となります。お待ちがえのないようにご注意願います。尚夏時間は、3月~10月までです。

3月からの企画展のご案内 (17/02/18)

3月~5月まで、春の企画展「きいちの春夏秋冬」を開催予定です。春・夏・秋・冬の可愛い少女たちのぬりえを展示いたします。ご来館をお待ちしています。

新年のご挨拶 (17/01/15)

明けましておめでとうございます。1月14日(土)より開館いたします。1月~2月は、第7回ぬりえコンテストの優秀作品展を開催いたします。素晴らしい作品が揃っています。今年もご来館をお待ちしています。

新着情報

おしゃれ編より1枚


おしゃれ編から私の好きな1枚をご紹介します。
時々きいちのぬりえに女の子というよりもっと大人っぽい女性の絵があることがあります。
「はなかざり」もその一つ。どれ位の女性を想像してきいちは描いていたのでしょう。女の子が憧れる女性をイメージして描いたのでしょうか。
流れるようカールした髪、お花の髪飾り、潤んでいるような目、そして胸元にくまれた手の表情、女の子たちはうっとりとして眺めたことでしょう。

Nurie : 17年03月18日 | 私の好きなきいち

春夏編より一枚


春夏編より私の好きなきいちのぬりえを一枚ご紹介します。
「つくしつみ」です。この女の子のポーズの優雅なこと!! 子どもならドスンと座って、つくしを摘むところですが、やはりきいち。このように女の子を座らせておしゃれにつくしつみです。きっとこれを見て塗った少女たちは、このポーズも真似たことでしょう。

Nurie : 17年03月12日 |

3月の美術館ニュース(2)

海外ぬりえ研究室No.65 今月はチリ編です。
今月はチリのぬりえ本をご紹介いたします。

最初の本は、アライグマが表紙のぬりえ本です。「隣の侵略者」というタイトルが付いています。たぶんこれはテレビでやっているアニメのぬりえ本と思われます。
中に描かれているのは動物ばかりで、アライグマのほかに亀、豚のような鼻をした毛がフサフサして尻尾でぶら下がることもできる動物などが描かれています。
この本は、本当に塗ることだけに特化したぬりえ本になっています。紙質もいいので、チリでは高級なぬりえ本に当たると思います。
      


2冊目は、「色のために」と副題がついています。
この本はぬりえですが、色えんぴつを使ってどのように絵を描いていくかを勉強するための本のようです。
本のタイトルにあるRapeluchoがこの主人公の名前なのでしょう。男の子が想像する様々な光景を絵にして、そこに色を塗っていきます。カラフルな色使いですが、陰影があって優しい感じのする絵になっています。

つづき 
Nurie : 17年03月05日 | 美術館ニュース