ぬりえ美術館屋

東京都荒川区町屋

ぬりえ美術館 アンケートページへ

トピックス

ぬりえ美術館 20周年記念誌制作のアンケート (22/05/15)

ぬりえ美術館は2022年8月で開館20周年を迎えます。
20周年をもって、今年10月末で閉館いたします。
皆様には、この20周年記念誌制作アンケートにご協力をいただけましたら幸いでございます。よろしくお願いいたします。

アンケートはこちら

令和4年春の企画展を開催しております。 (22/03/06)

令和4年春の企画展
「ありがとう きいち 春」~きいちの春は花のいろ~

蔦谷喜一が晩年に描いた童女画の絹本を展示しております。

期間:2022年3月5日(土)~5月29日(日)

今年の春の企画展では、喜一の晩年の童女画を展示しています。

ぬりえ美術館は、8月で開館20周年を迎えます。

20周年をもちまして、本年10月末に閉館いたします。

2月19日(土)より開館いたします。 (22/02/15)

臨時休館によりご来館を予定されていた皆さまにはご迷惑をおかけいたしましたが、19日(土)より開館をいたします。

2月までの開館時間は、11時~5時(最終入館4時半)ですが、3月より夏時間となり、12時~6時(最終入館5時半)になります。

オミクロン株の感染は続いておりますので、皆様方には体調に充分気を付けられてお過ごしください。

新着情報

5月の美術館ニュース(2)

ぬりえのあれ、これ  No.5


2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


ぬりえで育った人

《ぬりえの誘惑 田辺聖子》


子どものころのぬりえには、ベティさんやミッキーマウスがあった。
それからおたばこ盆に髪を結った女の子など。戦前のせいか西洋人はなく、日本髪の女の子が多かった。昭和のはじめから十五、六年まで、つまり、昭和三年うまれの私が女学校へはいるまで、小学生のあいだじゅう、ぬりえに親しんできた。


教育ママの母は、ぬりえなど幼稚で、ちっとも絵の勉強にならないというのだ。
しかし私は、白地の絵をみると、色がぬりたくてむずむずするのだった。きれいな日本髪の少女や、たもとの長い着物を着た少女をみると、どんな色の髪飾りにしようか、どんな色の着物にしようかと、ぬりえを抱えて帰る道すがら、うれしさで気持ちがわくわくするのであった。


小さいうちはクレヨンであったが、小学校高学年になると色鉛筆を使い出した。こまかい部分までぬれるからであった。だんだん技術も高尚になってきて、着物の柄など、肩から裾にかけてぼかしを用いて、色を変えたりする。

途中省略


つづき 
Nurie : 22年05月03日 |

5月の美術館ニュース(1)

ゴールデンウィークで、三年ぶりに行楽地が賑わっているようです。私達日本人はマスクに慣れているとはいえ、早くマスク無しの生活に戻りたいものです。皐月の爽やかな季節を充分にお楽しみください。
 

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

JP006688-640s.jpg
タイトル:おねえさんのこんれい
作  者:きいち
年  代:昭和20年代

   

5月のエントランスは、「パーマとリボンは可愛い印」をテーマに展示しています。
 

昭和20~30年代には、子どもがパーマネントをかけるということは、殆どされていませんでした。それでも子どもたちは可愛らしくするために、二股になったコテを火にかけて熱くして、髪にはさんでクルクルと巻いて、髪にウェーブを付けたりしていました。 
今考えると、耳の部分が熱くなって、「動いては、ダメ!」と言われ、少し怖かったことを思い出します。

つづき 
Nurie : 22年05月03日 | 美術館ニュース

4月の美術館ニュース(2)

ぬりえあれ、これ No.4

2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


図画の用具についても検討し、ぬりえの流行を探ってみたい。

大正六年(1917)頃からクレヨンが輸入され始め、更に大正十年(1921)に国産クレヨンが登場し、たちまち流行した。自由画とクレヨンがセットになった形でさらに広まることになった。


用具がないとぬりえも自由にはできない。ぬりえをするのは子どもであるから、自由にぬりやすいクレヨンがぬりえの流行に一役かったことが容易に理解できる。


その後、明治後期いなってはがきの絵に色を塗って送ると、賞金や賞品がもらえることが流行し、ぬりえの普及に貢献し、大正時代にはぬりえ帳が現れた。

つづき 
Nurie : 22年04月02日 | 美術館ニュース