東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

トピックス

子供ぬりえコンテスト、締め切り迫る! (20/05/24)

好評をいただいております「子供ぬりえコンテスト」の締め切りが迫ってまいりました。今週金曜日の29日が締め切りです。
ご応募、お待ちしています!!

子供ぬりえコンテスト締め切り間近 (20/05/10)

コンテストの締め切りは5月29日(金)です。残り時間の間に作品を塗って応募してください。
まだ時間があったら、小学館の「うちスタ」のサイトできいちのぬりえも楽しんでみてください。お待ちしています。

ドラえもんの小学館からの楽しい提案 (20/04/28)

在宅している子どもたちに向けて、「ドラえもん」などでおなじみの小学館が、以下のようなサービスを開催されていますので、ぬりえ美術館のHPでもご紹介いたします。その中には「きいちのぬりえ」もあり、自由にダウンロードしてぬりえをすることができます。以下をクリックすると、小学館の「うちスタ」のサイトにアクセスできます。
https://www.shogakukan.co.jp/pr/uchist/

第10回ぬりえコンテスト入選作品 8/3で、おかげ様で17周年

新着情報

6月6日(土)より開館いたします。

3月末より5月末まで、コロナウィルス感染防止のため、臨時休館をしておりましたが、6月6日の土曜日より開館をいたします。
尚ご来館の際には、マスク着用をお願いいたします。

又春の企画「懐かしい時、思い出の時、きいちのぬりえ~きいち昭和の歌姫”美空ひばり”を描く~」展を引き続き8月末まで継続して展示してまいりますので、宜しくお願いいたします。

Posted: Nurie : 20年06月01日 | お知らせ

子供ぬりえコンテスト2020(小学生以下限定)の作品募集

外出自粛などで在宅を余儀なくされている子供たちのために、子供ぬりえコンテストを開催いたします。この企画は、小学生以下限定です。
「子供ぬりえコンテスト2020」の課題ぬりえは、きいちの「くつがなる」です。ふるってご応募ください。
ご応募頂いた作品の中から、ぬりえ美術館館長の厳正な選考の上、優秀作品20点を選び、ぬりえ美術館のホームページに発表し、賞品としてぬりえ美術館オリジナルグッズと、ボールペンで有名なBIC Japan様よりBicキッズお絵描きグッズをプレゼントします。
ダウンロードページより課題のぬりえをダウンロードしてご応募ください。

課題ぬりえダウンロード(別窓)→《子供ぬりえコンテスト2020課題ぬりえ》
(クリックして開いたページを保存してください。)

つづきを読む
Posted: Admin : 20年05月29日 | お知らせ

小学館から家ごもりを強いられている子どもたちへの楽しい提案です

きいちのぬりえ「世界の童話シリーズ」「学習まんが-日本の歴史」や「ドラえもん」などでおなじみの小学館が、この新型コロナで学校や幼稚園、保育園がお休みになって家ごもりを強いられている今、鬱屈が溜まっている親子向けに、何かサービスをできないかということで、以下のような素敵なサービスを開催されているので、このぬりえ美術館のホームページでも紹介させて頂きます。

つづきを読む
Posted: Admin : 20年05月28日 | お知らせ

5月の美術館ニュース(2)

きいち千夜一夜 No.17 ☆きいち没後15年☆

ぬりえが売れなくなると、まさは着物の仕立てを商売として本格的に始めえる。まさに苦労をかけまいと、絵で生計を立てる方法を喜一も必死で模索するのだが、そううまくいかない。昭和四十年を過ぎて、いよいよぬりえの収入が途絶えると、喜一は新聞の”美人画の絵描き募集”の文字に望みを託し、十号の美人画を五千円で買い取るという都内の美術販売会社を訪ねるのである。
「ギャラは安かったけど、五十を過ぎて、新たに美人画家として再出発するのもいいかなと思いました。そこで、喜一という名前はぬりえ時代にさんざん使いましたら、今度はちょっと変え、”蔦谷弦月”でいこうと。でも弦月のサインで絵を持っていくと、”確か弦月って名前の大家がいましたよね”と言われ、やはり本名で描くことにしました」


二年ほど美人画を描くと、次はもう少しギャラのいい販売会社を見つけ、ここでも二年ほどリース用と展示会販売用の美人画を描き続ける。しかし、五十代半ばを超え、喜一は体調を崩してしまい、生活が安定するまでにはなかなか至らないのである。

つづきを読む

5月の美術館ニュース(1)

コロナウィルスの拡大防止のため、5月も引き続き臨時休館をしております。
Stay home! 在宅も長くなりましたが、どうぞ命のために、お家にいましょう。

 
ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
   

タイトル:おいしそうなくだものばかり
作  者:きいち
年  代:昭和30年代
    

5月のエントランスは、「憧れの素敵な生活」と題しまして、憧れのシーンがテーマのぬりえを展示しています。

昭和20年代、30年代はいろいろと新しいライフスタイルやアメリカを中心とした芸術、文化情報が映画、ラジオ、テレビを通じて入ってきました。豊かなアメリカの生活をテレビでみて、憧れたものです。

つづきを読む
ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 大人のぬりえサロン 海外のぬりえ研究室
Page Topへ
Page Topへ