東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 4月の美術館ニュース(2) | ぬりえ美術館のブログ | 来館者の声(1/12~3/15) 次

4月のぬりえサロン

今月のぬりえは、暖かくなって活動を始めている「蜂さん」です。はちさんと蜂蜜をどのようにデコぬりえ®で表現しているでしょうか。蜂さんのスカートの前にバケツを持っているので、スカートの貼りかたに注目ねがいます。(ちょっと難しかったです)
今月は10名の参加者さんでした。

yun先生の作品

はちみつ色の壷から蜜をとりだす蜂さん。壷から飛び出しています。背景にはハートやお花、蝶々が見えます。きいちのタイトルについている鳥も今回は蜂さん風ですね。


谷崎さんの作品

初参加の谷崎さん、スカート部分が難しく、時間がかかってしまいましたが、心行くまでデコできましたでしょうか。次回はもっと沢山デコレーションしてみてください。


船渡さんの作品

同じく初参加の船渡さん、蜂蜜の壷のまわりの蝶々が可愛いですね。今回は時間のかかる難しい作品でしたが、次回はもっとデコレーションを楽しんでください。


大城さんの作品

初参加の大城さん、ピンクの背景に黄緑のドレスで、春らしい蜂さんになりました。蜂蜜の壷のデコレーションがそれらの花から取られた蜜かしらと想像させます。


斉藤さんの作品

ドレスも羽もバケツもどれも豪華にデコされていて、女王蜂のような蜂さんになりました。


千葉さんの作品

黄色の蜂さんに赤いレースと花飾りが可愛いです。背景の四葉のクローバーも蜂にあっていますね。


Monezumiさんの作品

蜂の黄色と黒を生かしています。羽について大きなビーズや薄いレースが蜂らしいです。蜂蜜の壷にデコされた細かいビーズは蜂蜜が流れているように見えます。


古地さんの作品

スカートだけでなく、上着のほうからデコレーションをして、大変手が掛かっています。壷につけられたフリンジも由緒ある壷のようで面白いですね。


ひさよさんの作品

濃厚な蜂蜜をイメージさせます。羽の色合いや触覚などのデコが大変素敵です。


古川さんの作品

春の青空の元で蜂蜜を集める蜂さんのようです。蝶々が空や壷にも集まっています。いい匂いがしているのでしょう。


館長の作品

カラフルな蜂にしました。羽のイメージは、玉虫色です。壷や背景をカラフルな色づかいにしてみました。


   
4月は、3/25日に東京新聞で3Dデコぬりえ®が紹介された影響で、満席となりました。スカート部分のデコレーションが難しい作品でしたが、壷、羽、ドレス、背景など、それぞれが大変凝った作品を作りました。
来月は「レインコート」というタイトルのぬりえをデコいたします。来月もどうぞお楽しみに!

Posted: Nurie : 14年04月19日 | 大人のぬりえサロン|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ