東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 子供ぬりえコンテストの締め切り迫る | ぬりえ美術館のブログ | 7月の美術館ニュース(2) 次

7月の美術館ニュース(1)

2021年7月の夏は特別の夏。延期されていたオリンピックがこのコロナ禍の中開催されます。単にスポーツの祭典ではなく、史上初の試みが試される夏となることでしょう。

 
ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 

jp00043x-640.jpg   
タイトル:かわのみず
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

     
7月のエントランスは、「夏は海山川で遊ぶ」と題しまして夏の遊びのぬりえを展示しています。


家での自粛が続き、発散したい!と思っている方は多いことでしょう。せめてぬりえの中で外に出かける気分を味わってください。


夏と言えば、海、山、川でしょう。子どもの頃どこに出かけることが好きでしたか。臨海学校ですか、それとも林間学校でしょうか。学校のお友達と大勢で過ごす夏の思い出、賑やかな子供たちの声が聞こえてくるようです。

海でも山でも、太陽に焼かれて色黒になって家に帰ってくるとその色の黒さを家の人に自慢したりして。日焼けした肌の皮がむけたりしたのも、いい思い出だったことでしょう。夏休みが終わり新学期が始まると、誰が一番黒くなっているか、皆で自慢しあったりして、なんとも賑やかな夏の光景でした。

 
海、山、川のどこに行っても楽しく過ごせた子どもの頃。どんな小さなことでも楽しみに変えていたあの頃。物が十分になくても、皆で遊べた時代。不思議と懐かしいです。歳をとってくると若い頃が懐かしく、大事な時間だと思うようになるのでしょうか。


2021年の7月がどのような夏になるのか、今年の夏の思い出が良い思い出として残ることを祈ります。(館)

Posted: Nurie : 21年07月03日 | 美術館ニュース

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 大人のぬりえサロン 海外のぬりえ研究室
Page Topへ