東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 ゆかりさんの「おにわのみず」 | ぬりえ美術館のブログ | 6月の美術館便り 次

来館者の声をご紹介いたします。

いつもご来館ありがとうございます。
今年初めからの来館された皆様方のお声をご紹介させていただきます。

2019年1月13日(日)

・ようやくこれました。 昔を思い出します。かわいかった。

・念願のきいちのぬりえに出会えて本当にうれしいです。最高で~す。 59才 女性

・このはくぶつかんにきてほんとうにうれしいです。わたしはさいたまにすんでいるので
 なかなかこれません。なのですこしでもいいのでまたここにきたいです。

1月26日(日)
・ぬりえは時代を反映するものだとつくづく思いました。例えば私は普段着物に触れないのでどう塗ったらよいか迷うのです。きいちさんのぬり絵は「細かいタッチ」と「子どもでもぬりやすいこと」が両立していいなと思いました。20代女性

・「ぬりえコンテスト」を観にきました。すばらしい作品ばかりで、今後の参考になりました。また、ゆっくり遊びにきたいです。 60代 女性

2月10日(土)
・ぬりえコンテストの作品は、それぞれの思いが自由に表現されていて、とても楽しく感動します。自分もこんな風に塗れたらと思いをめぐらすのも楽しいです。 70代 女性


2月11日(日)
・友人から教えてもらって来ました。沢山のぬりえが見られてぬりえもできて楽しかったです。

2月16日(土)
・毎年楽しみにしているぬり絵コンテスト。様々な個性的な作品、色合いやデザインいつも学べます。ぬり絵美術館は私の大切な宝物の時間です。館長さんもいつも優しく着物でお出むかえされてとってもきれいで美しかったです。ありがとうございました。


・今年もコンテストを見に来ました。受賞ありがとうございます。みんなアイデアがすごくて上手でした。ぬりえを通して様々な事を発見させられます。これからも続けていきたいと思います。本日はありがとうございました。


2月23日(土)
・新聞の広告を拝見し、昔なつかしい子供のころを思い出しました。ぬりえをすごしたあのころがなつかしい。11才の孫をつれ、見学させていただきました。60代 主婦


・母が最近きいちのぬり絵をやるようになり、一緒に来ました。ぬり絵コンテストの作品を見て、今後はこのように塗ろうと言っていて、とても真剣にみていました。
私も楽しく過ごせました。昔に戻って文化屋雑貨店に行き、先生の作品を沢山買いに行きたくなりました。


2月24日(日)
・東京新聞で、ぬりえ美術館が紹介されていました。懐かしくてとんできました。
幼い日々にタイムスリップしたようです。体の中も子どもの時のリズムに戻ったような気がします。大人のぬり絵というのがはやっていますが、ぬり絵はやはりコレでしょう。
60代 主婦


・東京新聞で見てきました。もう忘れたほど昔ここに来たことがあり、「わたしのきいち」の本を買い、新聞を見て探したらありました。
歌の教室を主宰しています。唱歌と童謡も歌っています。今はひな祭りの歌っています。
きいちのぬり絵を額にいれてかざっています。季節に合わせていろいろ飾ります。夏はきいちの絵を飾ります。

Posted: Nurie : 19年05月19日 | 来館者の声|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ