東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 ひろこさんの作品 | ぬりえ美術館のブログ | 7月の美術館ニュース(1) 次

7月の美術館便り

今年も七夕の時期になりました。小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、笹の葉に飾り付けをされて、短冊にいろいろな願い事を書いてお願いをすることでしょう。
荒川区では、環境省が全国のライトアップ施設や各家庭に照明の一斉消灯を呼びかけているキャンペーンに呼応しまして、「あらかわ 七夕ライトダウンキャンペーン」を7月7日(月)に実施いたします。当日の午後8時から10時までのライトダウン(照明の消灯または部分消灯)をするものですが、このところの天候の変化を考えますと、地球温暖化のせいかしら、と思わざるを得ません。ライドダウンされると、お星さまもよく見えるのではないでしょうか。
皆さまのそれぞれの七夕をお楽しみください。


さて、3月から5月まで、2014年の春の企画展としまして、「祝 きいち生誕100年 これからも いつまでも」を開催いたしました。今月は感想ノートから来館者の方々のお声をご紹介したいと思います。


4月26日(土)
・とても、なつかしく、ゆったり時を過ごせました。ありがとう!! 良い時代でしたね。
草加 山口


4月27日(日)
・一度お伺いしたく、ようやく実現しました。 (孫)にぜひ見せたいと思います。私もとてもなつかしく昔を思い出しました。アリガトウゴザイマス。  町屋 ベニヤ
・改めて、すごい方なんだなあーと思いました。
子供のころ、数枚のぬりえの中から、花嫁さんを一番最後に残して、一枚ずつ、大事に大事に描いていた事を思い出しました。とても感激しました。ありがとうございました。
  歌門 光代
・新三河島に来て10年、事務所が変わって3年、やっと来れました。

4月29日(祝)
・子供の頃、駄菓子屋さんでぬり絵を買って、楽しんでました。着せかえも楽しい思い出です。
とてもなつかしかったです。戦前生まれの母も大好きで、母の子供の頃の豆ブックのぬり絵もまだあります。以前から来たかったので嬉しかったです。ありがとうございました。


5月3日(土)12:30
・やっと来ることができました。ぬりえ美術館。イメージ通りの館内。決っしてハデさはなく、なつかしさが、こみあげてきました。20年代、30年代の子供の遊びの写真を見て(館内に展示してあります)現代のコセコセしている世の中を、一シュンでも忘れることができました。
ぬりえも、久しぶりにチョウセン:いいですね。明日からの、ヨシ!がんばるゾ!のエネルギーになりました。ぬりえ美術館ありがとう。   ウエ


5月4日(日)
・昔に戻った感じです。なつかしくて・・・ ありがとうございました。
ぜひ 又 伺います。 楽しいひととき ありがとうございました。 船橋 マコト 利江
・羽田(大田区)から来ました。なつかしいです。(私58才) たのしかったです。ありがとう。美代子


5月5日(祝)
・大変懐かしく思い出しました。一番好きな絵柄を大事にとっておいたのですが、今はどこにいったのでしょう。タイムスリップして嬉しく思います。 加藤 高橋 姉妹
・私は昭和39年生まれです。まさに喜一のぬりえで子供の頃遊びました。そして今日5才の我が娘に喜一さんのぬりを見せる事ができました。最高の喜びです。唯一ぬりえときせかえが昭和の遊びでした。いつも心がおだやかになる子供時代に戻りありがとうございました。
卵を兄と2つに割けて育った時代、今とは想像もつかない時代になりました。 東京都 松永
・S33年生まれの私にとって、小学生の思い出は、まさに、この喜一さんのぬりえでした。
 ドレスに憧れ、沢山のぬりえを塗った記憶があります。娘のラインの自己の写真の所に喜一さんのイラストを愛用。何冊あっても良いこのぬりえ、ネットで沢山買いました。今日は娘と一緒に来れて、感動です。 埼玉県秩父市 町田


5月6日(振り替え)
・おばあちゃんが「きいちのぬりえ」を私にくれたことで知りました。原宿の文化屋雑貨店でグッズを買ったりもしました! とてもお気に入りです。きいちのぬりえの絵が大好きです。愛知県名古屋 宗像⑭
・イギリス人と日本人のふうふです。ついにここに来れて幸せいっぱい!妻の祖母が営んでいた駄菓子屋で、きいちのぬりえと共に育ちました。大切にしている思い出です。
 DOY


きいちのぬりえで遊んだ子ども時代がいかに大事な時間であったのか。小さいぬりえですが、きちのぬりえは皆さまの心の中に大きな思い出として残り、様ざまな思いを育てていたのだということが分かります。8月からの秋の企画展もどうぞお楽しみにしてください。(館)

Posted: Nurie : 14年07月05日 | 美術館だより|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ