東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 MASAKOさんの「おふねをうかべて」 | ぬりえ美術館のブログ | Keiさんの「ねんねこでおんぶ」 次

7月の大人のぬりえサロン「くもとぶおか」

今月は、カーニバルのイメージで「くもとぶおか」という絵をデコレーションいたしました。初めての方が4名いらしたのですが、何方も初回とは思えないほどの飛んでいる作品を完成させていますので、是非ご覧ください。


yun先生の作品

カーニバルに相応しい華やかな衣装に身をつつみ、背景にもテープやキラキラした飾りが沢山ついています。ドレスの羽飾りとストライプの帽子が出色です。


Monezumiさんの作品

ブラジルのカーニバルのように暖かい国の色合いになっています。帽子と仮面が魅惑的な女性を演出しています。

斉藤さんの作品

素晴らしく豪華なドレスにキラキラの仮面、手に持った花が妖艶で圧倒的な女性像と作っています。


古地さんの作品

豪華な花柄のレースがカーニバルのドレスに相応しいですね。胸元にも細かいデコレーションを施していてお洒落です。



小川さんの作品

赤と黒のドレスがスペインのカーニバルを想像させます。初めてのデコぬりえ®でしたが、豪華な作品に仕上がっています。


松林さんの作品

背景の色も上手く使ってドレスの色を表現しています。複雑なレース使いが素敵です。初めてのデコぬりえ®の挑戦でしたが、完成度が高いです。


坂本さんの作品

ハリのあるレースのドレス、ブレスレットや帽子のレース、そして、出色は縁取りに使った緑のレースでう。絵を引き締めています。(館)


高橋さんの作品

ドレスのレースやリボン使いが素敵です。帽子の作り方が大変素晴らしいです。初めての作品作りでしたが、帽子の扱いや右手にもっている物など、新テクニックが使われていて素晴らしいと思います。


館長の作品

今回はドレスのデコレーションは従来通りになってしまいましたが、仮面を使っている点と手に持ったレースのテープなどが見所です。


いかに自分のイメージを広げて、新しい作品をつくっていくかがデコぬりえ®の魅力です。
8月は夏休みでお休みですが、9月からまた新しいデコぬりえ®にチャレンジしてまいりますので、どうぞお楽しみなさってください。

Posted: Nurie : 14年07月20日 | 大人のぬりえサロン|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ