東京都荒川区町屋 土日祝日のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

前 ひさよさんの作品(7月のぬりえサロンより) | ぬりえ美術館のブログ | 8月の美術館ニュース(2) 次

8月の美術館ニュース(1)

皆様は今年の夏をどのように過ごされますか?まずは、今年の猛暑をどう涼しく過ごそうか 考えたいですね。
子どもさんの夏休みを考えて、様々ないい展覧会が開催されていますので、美術館や博物館の中で、素敵な展示を見ながら、涼むのはいかがでしょうか。
 

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。


タイトル:はちさん
作  者:きいち
年  代:昭和30年代
寄贈者 :宮崎ツヤ子氏


8月のエントランスは、ペットや昆虫をテーマにしたぬりえを展示しています。
昭和30年代の小学生たちの夏の思い出といえば、臨海学校や林間学校が上げられるのではないでしょうか。誰が一番日焼けしたか、二学期が始まる日には腕を見せ合って、競争したものでした。
お休みが始まると、早朝のラジオ体操が近所の公園で開催され、毎日参加の印の判子を押して貰ったりしましたね。朝が不得意な私は毎年続けることができなかったものです。


夏休み期間中の宿題も忘れられないテーマですね。
毎日絵日記を書きました。天気を記入しなければなりませんが、毎日書いていないと天気が分からなくなって、困った人が多かったのではないでしょうか。
宿題の中に、毎年昆虫採集もありました。上手に様々な昆虫を捕まえて、きれいに箱に並べて学校に提出する同級生が羨ましかったものです。


今月の絵の「はちさん」のぬりえは、昆虫の精を描いたものですが、蜂は私たちに有効で美味しい蜂蜜を作ってくれるので、私達にとって身近でしかも絵になりやすい昆虫なのでしょう。
きいちは蜂以外にも蝶々やトンボなどの昆虫の精を描いています。擬人化された昆虫は、とても可愛いです。


皆様のお好きなペットが描かれているかもしれません。どうぞ見つけにいらしてください。(館)

Posted: Nurie : 13年08月03日 | 美術館ニュース|

この記事についてのコメント

カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ